戸建てを購入する時、損しない為の控除と減税制度をまとめてみた

戸建てを購入する時の控除と減税制度には様々な制度があります。例えば、住宅ローン減税といった制度などがあるという事はご存じでしょうか。

この記事では、損しない為の控除と減税制度について分かりやすく徹底解説していきます。理解を深めて税金対策を行いましょう。

「住宅ローン減税」と「すまい給付金」について

まず初めに、税金対策をする上で知っておくべき2つの制度をご紹介します。

1つ目は、住宅ローン控除です。これは、13年間毎年の住宅ローンの残高のうち0.7パーセント所得税から控除するといった制度になります。

つまり、その年に納める予定であった所得税の中から住宅ローンの残高に見合った一定の金額が戻ってくるというわけです。一番高額になる可能性高い減税制度であるため、しっかり押さえておきましょう。

続いて2つ目は、すまい給付金です。これは、住宅購入費の負担を軽減するため消費税増税によって開始された制度です。この給付金は消費税増税に合わせて作ったことが始まりであるため、現在では大半の人が対象外となっています。

また、すまい給付金で受け取ることができる金額は収入が低いほど多くなります。入居後、給付申請書と確認書類の2つを住まい給付金事務局に郵送するもしくは住まい給付金申請窓口へ持って行くことで申請が可能です。

その他の控除と減税制度について

さらに、住宅ローン控除やすまい給付金以外にも次のような制度が存在します。まず、贈与税の非課税措置という制度です。これは住宅取得資金の贈与を、父母または祖父母から受けた場合に一定金額以内の贈与の贈与税が非課税となります。

次に、投資型減税についてです。こちらの制度は、省エネルギー効果や耐久性の高い戸建てを購入する際に住宅ローンを利用せずとも所得税が控除されるというものになります。

また、不動産取得税というものもあります。これは、土地などの購入時に課税される都道府県税に含まれます。ただし、特例を受けられるのは、一定要件を満たした住宅のみとなっています。

新築住宅に対する軽減という、120平米までの範囲の固定資産税額が半分に減額されといった制度も存在します。

最後に紹介するのが、住宅用地の特例です。住宅を新築際に、市町村の役場に申告をすることによって減額を受けることができます。

戸建てを購入する時はきちんと税金対策を

いかがでしたか。基本的な住宅ローン減税とすまい給付金についてや、その他の控除と減税制度を知ることはできたでしょうか。

戸建てを購入する時には、数多くある制度の中から自分が損しないために活用すべきものを正しく判断することが重要です。