戸建てを買取で売却する!買取に向いてる物件と買取のメリット・デメリットを解説

不動産を売却したいとなった場合には、その方法に買取と仲介の二つの種類のものがあります。その中でも戸建ての買取とは、転売を目的に不動産会社に戸建てを買い取ってもらうことをさします。

この買取を選びたいと思っても、買取に向いている物件があったり買取のメリット・デメリットがあるのが実情です。これらを把握して本当に買取に向いている物件であるかの見極めが重要です。

戸建ての買取のメリット・デメリットを把握しておこう

これから戸建買取を利用したいと前向きに考えている人も多いかもしれませんが、その前に買取のメリット・デメリットを把握しておくことも重要です。まずメリットにあげられることは、早く確実に売れることができる点です。

仲介になると半年程の時間がかかりますが、買取であれば2週間から1ヶ月程度で売却が可能です。最初に不動産会社が査定を行うことになりますが、一般的には戸建買取相場の基準があります。

その価格と戸建買取相場を見比べて納得ができたら売買契約ができるため、すぐに引き渡しまで進めることが可能です。

そして近所の人達にバレずに売却できることも大きなメリットです。仲介の場合には販売期間が長くなるので、売却していることが知らないうちに近所に知れ渡ることもあります。また仲介手数料がかからないことも嬉しいポイントと言えます。

反対にデメリットは売却価格が安くなってしまうことです。買取価格は市場価格の80%ほどで、解体やリフォームが必要であれば50%ほどになることもあるでしょう。

どのような物件が買取に向いている物件なのか見極める

メリットやデメリットがあることがわかりましたが、これらを踏まえた上でどのような物件が買取に向いている物件なのかを見極めておくことも重要です。買取に向いている物件としては、まず第一に早く売りたい人が持つ物件が挙げられます。

例えば借金の返済、離婚で早く売却したいなど様々な事情で早く売りたいと考えている人には向いています。

訳あり物件もこれに該当するでしょう。訳あり物件の場合には、どんなに長い期間を掛けて売却活動をしても売れないケースも多く見られます。長期間保ち続けるよりも、たとえ安くても買取で売却してしまったほうがメリットが得られます。

そして不具合の多い物件も該当します。不具合が多ければ価格は低くなるものの、不動産会社が修繕を行うことを前提に買い取ってくれます。反対に時間的に余裕のある人や立地や築年数の条件が良い、リフォームが済んでいる物件などは仲介を選んだ方が良いといえます。

早く確実に売れることが大きなメリットです

このような事から、売却価格の相場は市場価格の80%程となってしまうものの、早く確実に売れる事が大きなメリットであると分かります。早く売りたい人、訳あり物件、不具合の多い物件を所有している場合には、戸建買取相場を確認した上で買取依頼を検討してみましょう。