戸建ての買取相場は仲介価格の7割?買取相場が低くなる理由と買取相場の調べ方

戸建て住宅の売却方法は大きく仲介と買取の2種類に分けられますが、買取は仲介と比べて売却価格が安くなる傾向があります。その買取相場は仲介の7割程度と言われていますが、ここでは買取相場が低い2つの理由と買取相場を知る方法を解説していきます。

仲介と比べて買取相場が低い2つの理由

戸建て住宅の買取相場は仲介の7割程度と言われていますが、その理由は主に2つあります。

1つめの理由は、修繕費用が差し引かれているためです。不動産買取では、不動産会社は買い取った物件をリフォームしたりリノベーションしたりした上で、一般市場に売りに出します。

買い取った中古物件をそのまま売りに出しても買い手が見つかる可能性が低いため、少しでも多くの方に興味を持ってもらうために、故障個所を修繕したり、リフォーム・リノベーションを行って付加価値を付けたりしています。

不動産会社は、リフォーム・リノベーションを行うことを前提に物件を買い取るので、どうしても買取価格は安くなってしまうのです。

2つめの理由は、不動産会社の利益分が差し引かれるためです。不動産買取では、仲介とは異なり不動産会社は仲介手数料を得ることができません。

不動産会社は、買い取った物件を再販することで利益を出しているのですが、再販にはリフォーム・リノベーションの費用だけでなく人件費や広告宣伝費もかかります。

不動産会社は、再販時にかかる費用を差し引いても利益が出るような金額で買い取る必要があるため、買取価格は仲介の7割程度になるのが一般的です。

戸建ての買取相場を知る方法をチェック

戸建て住宅の買取相場は、市場相場の7割程度になるのが一般的ですが、ここではより正確な買取相場を知る方法を解説していきます。

まず挙げられるのは、レインズマーケットインフォメーションを利用する方法です。レインズマーケットインフォメーションは、レインズという不動産会社が物件情報を共有するシステムの個人向けサイトで、直近1年間に取引された物件の価格を調べることができます。

物件情報を細かく設定できるとともに、日本全国の不動産会社が行った日々の取引が反映されているので、より正確な買取相場を知りたい方におすすめです。

また、土地の相場のみを知りたいのであれば、土地総合情報システムを利用すると良いでしょう。土地総合情報システムは、国土交通省が運営しているシステムで、実際に土地の取引を行った方を対象にしたアンケート結果がデータベース化されています。

築年数が古い戸建て住宅の場合、土地のみの価格で買い取られるケースもあるので、土地総合情報システムはそのようなケースに利用すると良いでしょう。

正しい知識を身につけて戸建て買取を成功させよう

今回は、買取相場が低い2つの理由と買取相場を知る方法について解説してきました。戸建て住宅の買取相場は仲介の7割程度と言われていますが、買取にもメリットはあるので正しい知識を身につけて戸建て住宅の売却を成功させましょう。