中古戸建の買取相場はいくら?築年数で比べてみた!

両親が住んでいた物件を引き継ぐことになった人では、その物件を売りに出したいと考えている人も少なくありません。中古戸建の買取となると、そんなに毎回経験することではないので、わからないことが多々あります。

査定をする側から見た相場や、高く買取してもらうコツを紹介していきます。

築年数からみた買取相場は一括査定がある

長年住んでいた一戸建て物件では年数が経つことによって資産価値が下がっていく傾向が多く、時間の経過と共に売りに出すタイミングが必要です。しかし何も考えずにいくよりも、知っていた方がいいのは市場価値の7割だと理解しておくことになります。

中古戸建でおおよその価値を記すと10年で5割、15年で3割、20年で2割以下になってしまうのですが、あくまでも築年数なので相場の上下動はあります。また築年数からみた買取相場では、20年以降は下落率が低下するので、大きな変動が起きないことも特長です。

その為に20年以上だと買取の価値としては1割にも満たないケースもあるので、売りに出すタイミングを逃さないようにすることは大切なことです。

もちろん不動産会社によって買取価格などが違いますので、複数の会社にみてもらうことですが、時間無いなどの人に嬉しいのは、一括査定サイトがあります。上手に利用することで、築年数からみた買取相場がわかりますのでお勧めになります。

なぜ買取相場は仲介の7割になっているのか

不動産会社では築年数の経った物件でも利益を出すために、古くなった箇所のリフォーム工事をして新しく綺麗にして売りに出しています。その費用もありますし、利益分を差し引いていることで様々なサービスを提供しています。

これには人件費もかかりますし広告費などもあるので、費用を差し引いて成り立っていることです。このように買取相場は仲介の7割となっているのですが、それでも築年数の長い物件を高く買取してもらうコツはあります。

一つ目は1月から3月の期間に査定買取をしてもらうことで、住宅購入需要が高まっている時期だからです。二つ目は複数の比較サイトを利用すると価値がわかりやすくなり、三つ目では立地エリアで考えると、買い取り実績が高い業者に頼むことで、高く買取をしています。

高く買取してもらうコツにはこれらがあるので、中古戸建の物件を買取してもらうにも、様々な方法を検討してみることです。

相場を知り高い基準で買取ってもらう

業者としても買取相場は仲介の7割ですから儲けは出しますし、買取ってもらいたい人では高く評価して欲しい、そのエリアでも強みのある業者に任せるために一括査定で調べることが一番だといえます。