【戸建ての買取】買取方法は2種類!買取のメリットと高く売るコツを解説

戸建てを売却する場合、不動産会社に物件を買い取ってもらう方法として、即時買取と買取保証の二種類があります。それぞれに特徴を持っていますが、一般的に買取と呼ばれているのは前者になります。

両者の違いを踏まえて、買取のメリット・デメリットを伝えるとともに高く売るコツについても解説します。

知っておくべき買取のメリット・デメリットについて

買取は購入者が不動産会社なので、仲介のように広告を出して買主を探す必要がありません。このため、売却完了までの時間が大幅に短縮できます。決済も契約さえまとまれば、あっという間に終わります。

一般の人が買主になることが多い仲介のように、資金面の算段が付くのを待つ必要もありません。直接買主と取引をする形式になりますので、仲介手数料も必要ないです。

また、広く宣伝等を行う必要がないので、売りに出していることを周囲に知られずに手続きを終えられることもメリットになる場合があります。

デメリットとしては、買取りの方が大抵売却価格が安くなることが挙げられます。買取をした不動産会社は、買取った物件を転売するのが一般的です。その際の売却代金のうち、購入価格を上回っている部分が利益になります。

ですから、買取価格は期待できる売却価格から利益分を差し引いた金額になるので、仲介の場合に比べて安くなります。

即時買取と買取保証の違いと高く売るコツ

即時買取と買取保証との違いですが、即時買取に関しては、一般的な買取と考えて問題ありません。全体的に買取のメリット・デメリットが当てはまります。買取保証に関しては、一部該当しない面もあります。

買取保証の場合は一定期間仲介物件として扱ったのち、買主が現れなかった場合に買取をするシステムなので、買取に移行するまでは仲介と同じです。この部分が買取のメリット・デメリットが当てはまらない部分です。

戸建てを高く売るコツとしては、より高い買取価格を提示してくれる不動産会社を探すことです。複数の不動産会社に査定をしてもらい、最も良い条件のところを選びます。

全く予備知識がない状態だと不安もありますから、事前に周辺物件の価格を調査して相場を知っておくことも大切です。

最終的に一社に絞る場合も提示額のみで決めるのではなく、更にもうひと頑張りして交渉しましょう。不動産会社もビジネスですから、安く買取れた方が得だと考えます。

最初から高額な提示をしてこない場合もありますので、周辺にライバル店があるなら交渉材料に利用すると効果が期待できます。

高く売るコツを知ればデメリットを回避できます

戸建ての売却に買取を利用する時は、複数の不動産会社と粘り強く交渉することが高く売るコツになります。高く売ることさえ出来れば、買取のデメリットを回避してメリットだけを享受することが出来ます。