戸建て売却の基礎知識と高く売るコツを解説

戸建て住宅を移住の為や住み替えや相続で売却したいという人は少なくありませんが、高額な資産なだけに高く売りたいと全ての人が思います。売却する時は相場をしっかり把握して、相場よりも少しでも高く買ってくれる相手を見つけると良いです。

戸建ての売却にかかる費用・手数料・税金

戸建ての住宅を売却する時の主な方法としては二つあって、業者に買取してもらう方法と業者に仲介をしてもらって、売却相手を探す方法があります。個人間で取引をする方法もありますが、個人だと契約面や集客面で問題が発生する事が多く一般的な方法とは言えません。

買取の場合の売却の流れと期間は仲介の場合よりも早くて、訪問によって査定をした後に問題なければすぐに買ってもらえます。買取の場合は仲介手数料がありませんが、その分だけ価格が抑え気味になりやすいです。

仲介の場合は業者が仲介役となって売る相手を探すので、前者と比べると売却の流れと期間に違いがあります。

もし相手が見つからなければ長い期間が必要になりますが、場合によってはすぐに見つかって業者に買ってもらった場合と変わらない期間で売れる事もあります。時間や手数料の面では買取より不利ですが、高値で売りやすいです。

売却時は戸建ての売却にかかる費用・手数料・税金を買取の時と仲介で売る時の両方おケースで想定しておくべきです。

売却予定の不動産を少しでも高く売るコツ

売却する不動産を高く売る為には相場を正しく把握して、相場よりも高く評価してくれる業者を選べるようにしておく事が大切です。相場すら分からない状況だと高く売れたのか、逆に安く売ってしまったのかも分かりません。

不動産価格は時期によっても変わってくるので、急ぎでの売却でなければ不動産価格が高い時期に売る方が有利です。過去の相場から現在が全体的に不動産が安い時期なのか、それとも高い時期なのかを分析して高い時期を狙うのも高く売るコツです。

多くの業者から比較するのも高く売るコツで、一社でも多くの業者を回って買取価格や手数料などを比較検討して選ぶと良いです。個別に業者に問い合わせをするのも方法としては悪くないですが、労力や時間を考えると負担が大きいです。

一括見積をサービスでは一度の申し込みで多くの業者からの見積もりが取れるので、効率を上げるために便利なサービスを利用するのも良いです。

戸建て売却時におさえておくべきポイント

仲介か買取が主な売却方法ですが、それぞれ戸建ての売却にかかる費用・手数料・税金も売却の流れと期間も差があります。売却時の個別の事業も考慮して、最適な方法で売却を目指すのが良いです。