【戸建て売却】売れない5つの理由と売る時のポイントを解説!売れない時の相談先は?

不動産を売りに出しているけれども、なかなか売れないで悩んでしまうこともあるかもしれません。このような場合にはなぜ売れないのかその原因を突き止めた上で、すぐに売れる物件にしたいものです。

戸建が売れない場合には、戸建が売れない5つの理由があるため、売る時のポイントや万が一の相談先についてもしっかりと把握しておくことが重要です。

戸建が売れない5つの理由を把握しておこう

不動産の売却は、人生の中でも大きくお金が動くことといえます。戸建ての売却を何度も経験する人はそれほどおらず、買う側にとっても初心者であるケースがほとんどです。

簡単に売れるわけではありませんが、何ヶ月も経っているのにも関わらずなかなか売れないとなると不安になる人も多いことでしょう。戸建が売れない5つの理由がありますが、その5つは価格と物件、不動産会社とタイミング、需要と供給の五つに大きく分けられます。

その家の価格の中でも、価格が高すぎることが大きな原因を占めています。戸建の売却にあたり査定をしてもらった時に、高めの査定価格を提示してきたところと契約をした人も多いかもしれません。

それも良い判断かもしれませんが、売り出してから3ヶ月以上が経っても動きがなければ、実際よりも高い価格設定が行われている可能性があります。この場合には市場で取引される相場をみて考え直す必要もあるでしょう。

戸建てを売る時のポイントを見極めよう

なぜ戸建てを売りたいのか、その売却の目的をまず最初に考える必要があります。目的がどのようなことなのかにより、売る時のポイントもゴールも異なるのです。例えば住み替えをしたい場合には、売却と購入のタイミングは重要です。

出来る限り高く売却したい場合には、不動産マーケットを知ることも非常に重要と言えるでしょう。目的ごとに売る時期や売り方も異なるため、いつまでに売却をすれば良いのか、それ以外の手段があるのかなど、様々な視点から目的を整理する必要があります。

戸建ての売却は半年程度の計画を立てる必要がありますが、その相談先もやはり重要です。相談先も目的により異なります。

リフォームをしてすぐに売りたいと考えることも一つの手段ですが、場合によっては自分好みの間取りにリフォームすることを考えて中古住宅を購入する人も多くなっています。大がかりなリフォームなどを検討する場合の相談先は、まず不動産会社に依頼することが重要です。

様々な相談先を考えてみましょう

このように戸建てが売れないことには様々な理由があると言えます。何が原因なのかを突き止めた上でそれに対処する必要があります。

リフォームをすれば売れるのではないかと思う人も多いかもしれませんが、リフォーム会社や不動産会社など、様々な相談先に相談を考えることが大切です。