【戸建て売却】査定から引き渡しまで、不動産売却の流れを解説

戸建て住宅を売却する際には数々の流れというものがあり、住宅査定から始まり購入者へと引き渡しをするまでにはやるべき行動があります。

不動産会社を通じて売却をすることが前提にあるので、決して難しい内容ではありませんが、役に立つ情報もあるので知っておくと安心できます。

戸建て住宅の売却の流れは不動産探しが先決です

所有する戸建て住宅を売却するには、どこでも一緒と考えて近隣で営業をしている不動産会社に任せるのではなく、必ず比較検討をすることはかなり重要です。

その理由は会社によって売り出し価格が異なることが多く、戸建て住宅の場合は100万円単位での差額が出てしまう可能性もあります。複数の不動産会社に査定依頼をしてみて、高い額面を提示した会社に任せる方法で失敗は避けられます。

次に行うことは不動産会社と媒介契約を結ぶことになり、この契約によって後に発生する可能性のあるトラブルから解放されます。媒介契約には種類がありますが、この選択肢は販売能力が高い会社であれば専任媒介契約で取り引きする方法が向いています。

住みながらの不動産売却では、戸建て住宅の場合は外装やエクステリア全般、室内空間の全てに対して不用品を廃棄しておくことと掃除をして綺麗な状態にしておくことも大切です。

忘れがちなことは消臭をあげることができ、家族では気付かない可能性があるので、住宅用の消臭剤を複数購入をして作業を済ませることで内覧者に良い印象を持ってもらうことに成功します。

売買契約と必要書類を揃えることは意外と簡単です

戸建て住宅を売る際には、契約する不動産会社との売買契約と必要書類を揃えることは当然ながら必須条件です。売る側が用意する書類は登記簿謄本や地積測量図面、固定資産評価証明書の3つが主に該当しています。

お住いのエリアの役所で入手する他、法務局で入手する地積測量図面などは簡単に入手できるものなので後は不動産会社に任せても問題はありません。売買契約と必要書類を揃えた後には、決済から引渡しまでの流れもあります。

不動産会社では宣伝を行うことになり、内覧者が増えてきて購入希望者が現れることにより、後に購入者が決まるまで所有者はいつでも内覧できるように配慮することも必要です。

決済から引渡しでは購入者が住宅ローンを組んだ後に済ませることができ、無事に審査を通過することができた場合は決済から引渡しまでのスケジュールを決めることも流れです。

引き渡し期日までに引越しを済ませることや、電気やガス、水道などの契約の解除も必要となり、この部分は不動産会社に委託することもできるので、意外と面倒なやり取りではありません。

戸建て住宅の住みながらの売却の一連の流れ

戸建て住宅に住んでいる方が、住宅の売却を希望した場合、査定額の高い不動産会社と媒介契約を結び、必要書類を集めることで契約を済ませられます。

その後は内覧を希望する方が増えるように宣伝が行われ、購入者が現れた時点でその後のスケジュールを決める方法が一般的です。引き渡しの期日までに引越しを済ませておけば後は不動産会社が対応をするので難しい内容は殆どありません。