中古戸建てを高くスムーズに売却するには?覚えておきたい注意点

中古戸建てを売却したい場合どのような流れで手続きが行われるのか、また高く売却するコツはあるのかなどが、気になる点として挙げられるようです。中古戸建てでも出来るだけ高く売却したい方が多いと思います。

ここでは、中古戸建てを高く売る4つのコツを纏めてみました。また中古戸建ての売却で、注意点・契約不適合責任とは?※瑕疵担保責任についての情報もあるので中古戸建てを売却したい方は一度目を通してみて下さい。

中古戸建て売却の流れと高く売る4つのコツ

中古戸建てを売却する際の流れは査定・媒介契約、売却活動・内覧、売買契約そして決済に確定申告となるのが一般的です。中古戸建てを高く売る4つのコツとして、まず挙げられるのが最適な不動産会社を見つけるということです。

不動産会社の査定を受けて、会社を選ぶことが売却できるかを左右するので豊富な経験に基づくノウハウや、独自の販売ネットワークを持っている不動産会社を選ぶと良いでしょう。

不動産会社を選んだら、測量について相談するのもポイントです。もし築年数が古い場合は、売り方も検討しましょう。中古一戸建てとして売る・建物を取り壊して売る・建物を取り壊して分筆して売るという3つの方法があります。

最後の4つ目は内覧対策をしっかり行うということです。掃除を丁寧に行い整理整頓して内覧日を迎えましょう。特にキッチンやバスルーム、トイレは汚れだけでなく臭いも気になる所なので場合によっては、ハウスクリーニングを検討することをおすすめします。

注意点・契約不適合責任とは?※瑕疵担保責任

中古戸建てを売却する際、注意したいのが契約不適合責任の存在です。注意点・契約不適合責任とは?※瑕疵担保責任とも言われるもので、売主は引き渡した後でも、その不動産に問題点が見つかった場合は責任を取らなければならないという民法の1つです。

たとえば雨漏りやシロアリ被害、給排水管の不具合、土壌汚染や地下埋設物などが対象となります。もし売却時にこのようなトラブルがある場合は、契約書に物件に関する不具合を明記しなければいけません。

事前に契約書を交わして欠陥が分かっている上で、買主が了承した場合は債務不履行の責任を負う必要はないのですが、知っていたのに契約書に欠陥を記載せずにいると契約不適合責任となり、買主から損害賠償や修理を求められるので注意が必要です。

中古戸建ては水漏れやシロアリなど様々なトラブルが発生しているケースも多いですが、このようなこともあるため知っていることはしっかり伝えましょう。

中古戸建てを売却する際のポイント

中古戸建てを売却する際は高く売る4つのコツを実践することで、考えていた以上の金額で売買が成立することもあります。ただ、雨漏りやシロアリなどの欠陥がある場合、のちのち賠償請求されることも考え、契約書に不具合は明記することが必要です。