事前に知っておこう!戸建ての売却にかかる費用の種類

戸建てを売却する時には様々な費用がかかることを知っておく事はとても大事です。これを知らなければ、意外と受け取る金額が少なくなってしまうんだなと最初のイメージと違ってしまうかもしれません。

項目別に知っておく事で、受け取る事が出来る金額をしっかり把握する事が出来ます。

細かく分野別に知っておく事が大事です。

まずは自分で売る事は素人では難しいので、不動産会社に仲介してもらうのが一般的です。仲介手数料は法律で上限が決められていて、その上限を超えて仲介手数料を設定することは法律で禁じられています。

売れた金額で上限は変わってきますが、家を売る場合は四百万を超える事が多いので上限が3パーセントになります。

出来るだけ収入を多くするには不動産会社に払う仲介手数料とは会社によってどれくらい違うのか、詳しく知っておく事で大きく利益を変える事ができるでしょう。不動産会社に払う仲介手数料とは、必ずしも払わなければいけないというものではありません。

会社によっては売主からは取らないで、買主からだけ取る場合などもあるからです。任せたい会社がどんな設定をしているのか、きちんと調べて契約を締結する事が大事になってくるでしょう。

無料や安価であれば嬉しいですが、きちんと売却を進めてくれるかなど細かい部分を調べておく事が大事です。

他にもかかる費用があるんです。

契約書に貼る印紙税というのもあります。これは売買契約書に貼る印紙代金のことですが、これは納税の証明になる大事なものです。これは仲介してもらう会社で契約書に貼る印紙税が変わるわけではありません。

ただ千円から六万円まで金額が何段階かで設定されているので、料金を知っておきましょう。他に不動産会社に払う仲介手数料とは何があるかというと、抵当権抹消の登記費用があります。

抵当権抹消の登記費用には、登録免許税や司法書士に払うお金が含まれます。費用は必ずしもこの値段と決められているわけではなく、ケースバイケースで変わってくる事が多いです。

戸建ての売却を不動産会社に相談する時に、抵当権抹消の登記費用がどれくらいかかるか確認しておくといいでしょう。これまでに含まれていないハウスクリーニング代など物件によってはかかってくるお金もあるので、戸建ての売却の時は出来るだけ手数料が低い方がいいでしょう。

きちんと費用を知る事で大きく得する事ができます。

契約書に貼る印紙税のように費用が変わらないものもありますが、仲介手数料は会社によって違いが出てきます。売り手側から取らない場合もあるので、家によって変わってくる処分費などの費用も含めてじっくりと確認してから売りに出す事が大事です。