住宅ローン中の戸建てを売る方法と注意点

長い年月をかけて返済する住宅ローンですが、完済するまでに様々な理由で家を売りたいと考えている方もいると思います。実際、住宅ローン返済中に家を売却するといったことは珍しいことではありません。ローンが残っていても、家を売ることは可能です。

しかし、多額であるがゆえに気をつけなければいけない点もたくさんあります。この記事では、住宅ローン返済中の戸建てを売りたいという人に向けて、ローン中の売却を成功させるコツやオーバーローンの場合の売却方法と注意点について解説していきます。

ローン中の売却を成功させるコツ

ローン中の売却を成功させるコツは、不動産会社をよく比較して選ぶことと、支払う税金を最小限に抑えることの2つです。

まずは、不動産会社をよく比較して選ぶことです。一般的に、不動産会社に仲介を依頼した場合、買い主を探したり価格を交渉したりするのは、依頼した不動産会社の営業担当者です。

家の売却代金がローン残債を上回らない場合でも、少しでも高い金額で売却してローン完済のために補填する金額を極力小さく抑えたいところです。

つまり、不動産会社を選ぶ段階で失敗してしまうと相場よりも安い価格でしか売れないどころか、買い主が見つからないということもあり得ます。そこで重要なのが、できるだけ高い金額で家を売ってくれそうな不動産会社を見つけることです。

そのため、1社だけの不動産会社としか話していないにも関わらず仲介を依頼することは避けましょう。必ず比較して、できるだけ高い価格で家を売却してくれそうな不動産会社を選びましょう。

オーバーローンの場合の注意点について

家の売却額だけではローンの完済に達しないといったケースを「オーバーローン」といいます。ローン返済中の家で、ローンの完済厳しい状態で売る方法としては、基本的には自分の貯蓄から支払えるのがベストです。

ただし、それだけではどうしても補えないのであれば、家族や親戚から借りるという方法も考えられます。その場合は、慎重に話し合いをして借用書を残しておくなど、きちんと返済するという意思表示を忘れないようにしましょう。

続いて、住み替えローンを利用するという方法もあります。「住み替えローン」とは、買い替えの際に購入する家の住宅ローンに、まだ返済できていないローン残債を追加して借りるローンです。

ただし、そこで知っておかなければならないのが、条件が厳しいという点です。住み替えローンの条件には、売却する家の抵当権の抹消と購入する家の抵当権の設定が同時でないといけないというものがあります。

つまり、新しい家の購入日と、売却する家の買い主がその家を購入する日が同じ日でなければいけないのです。そのため、融資の審査には合格したとしても、スケジュールが合わずに融資の利用が出来なかったというケースも多いです。

買い替えの場合の注意点やオーバーローンの場合の注意点を把握した上で、最善の方法を考えましょう。

買い替えの場合の注意点も理解して不動産会社に相談

いかがでしたか。ローン返済中の戸建ての売却を成功させるコツやオーバーローンの場合の注意点はお分かり頂けたでしょうか。

最後に、ローン返済中の家を新しい家と買い替えの場合の注意点もおさえておきましょう。
買い替えには、家を売ってから新居を買う「売り先行」と新居を先に買ってから家を売却する「買い先行」の2つの方法があります。

どちらの方法が良いのかは、その人その人の状況によって異なります。住宅ローン返済中の戸建ての売却を考えている人は、まずは不動産会社とよく相談し、慎重に計画を立てて話を進めていきましょう。