戸建て売却時にかかる仲介手数料とは?計算方法と注意点

戸建て住宅の売却では、当事者同士の売買契約が成立した時点で仲介手数料の支払い義務が発生します。売却時に支払うことになる費用の中で、仲介手数料が占める割合は決して少なくありません。

戸建てを手放そうと考えているのであれば仲介手数料について、支払方法とタイミングなどを覚えておくことが重要です。

仲介手数料とは取引を仲介した不動産会社に支払う費用

仲介手数料とは、媒介契約に基づいて戸建てなどの不動産の取引を仲介してくれた不動産会社(宅地建物取引業者)に報酬として支払う費用です。

あくまで不動産会社の仲介で取引を行った場合に発生する費用であり、宅建業者を介さない個人間取引や不動産会社との直接取引では仲介手数料はありません。

戸建て売却時の仲介手数料の支払方法とタイミングについて述べると、払い込む義務が発生するタイミングは売買契約が成立したときですが、実際の取引では契約成立時と引き渡し時で半額ずつ支払うか、引き渡し時に全額払い込むかのどちらかになるのが一般的です。

支払方法は、原則として現金払いになりますが、金融機関によっては住宅ローンに組み込んで、融資実行時に全額を一括払いすることを認めてくれる場合があります。

ケースによっては支払方法とタイミングが、上記の一般的な方法とは異なる場合があるので、仲介を依頼した不動産会社に確認しましょう。

取引の仲介手数料が半額や無料になる理由は何か

仲介手数料は、不動産会社が法令で定める上限を超えない範囲で自由に決めることができます。上限額は階層分けされており、取引価格が200万円以下は5%、200万円超400万円以下の部分が4%、400万円超の部分は全て3%です。

多くの不動産会社は十分に収益を得られる範囲で仲介手数料を設定していますが、中には半額や無料にしている会社も存在します。

仲介手数料が半額や無料になる理由は、ひとことで述べると少しでも取引が成立しやすくなるようにするためです。不動産会社は、売主と買主の両方から仲介手数料をとることもできます。

しかし、購入希望者があらわれて取引が成立しないと両者から仲介手数料の払い込みを受けることはできません。媒介契約のうち、専任媒介と専属専任媒介については、法律で設定可能な契約期間が最大でも3ヶ月間で、限られた短い期間の中で成約に至らせる必要があります。

なお、仲介手数料を半額もしくは無料になるのは売主か買主のどちらか一方が一般的で、両方が対象になることはほとんどありません。

仲介依頼をする不動産会社を決める際には要チェック

仲介手数料とは、媒介契約を結んだ不動産会社に取引の成功報酬として、契約成立後や物件の引き渡し時に支払う費用のことです。現金での支払いが原則ですが、住宅ローンの借入金に組み込んで支払うことができる場合もあります。

仲介手数料が半額や無料になる理由は、売主もしくは買主のどちらか一方の仲介手数料を引き下げることで、成約の可能性を高めたいためです。

仲介手数料は、売買取引の中で発生する出費の中ではそれなりに多くの割合を占めます。仲介を依頼する不動産会社を決める際には、サービス内容だけでなく仲介手数料をはじめとした費用もよくチェックしましょう。