【戸建ての売却理由】理由のTOP10!買主への売却理由をうまく伝えるには?

戸建て住宅の売却理由は一つではなく、主な理由がいくつか重なって決断されるケースが目立ちます。戸建て住宅の売却理由の中でも、特に多い理由にはどのようなものがあるのでしょうか。

売却をする側も購入をする側にとってもトラブルのない方法を選ぶのが、重要です。

戸建て住宅を売却するときの理由

戸建て住宅は、一般的に何度も購入するものではなくよほどの理由がないと一般的には長期にわたって住み続けるけるケースが多いです。理由TOP10の中で例えば、世帯主が転勤になり長期間戻ってくる予定がない場合などには売却の理由になることがあります。

又、親族の介護などで転居する必要がある場合にも例えば実家に住むことになった場合には戻らないことが多いので戸建て住宅を賃貸に出すよりも売却という形をとる人も多いです。

又、近年リモートワーク化が進んでいる会社も多いので、通勤のために住宅を購入して住んでいたもののその必要がなくなったためより好きな場所に転居するという理由で手放す人も増えてきています。

更に、子供の進学などの理由でもっと通学に便利な場所に引っ越すためといったケースもあります。理由TOP10では、手狭になったり間取りが家族向きでなく良い物件が見つかったための転居などもあるのが実情です。

瑕疵やネガティブな理由は伝えるのもポイント

戸建て住宅を売却したい時には、オーナー家族の家庭の事情や仕事や通学など原因になることがありますが理由TOP10ではネガティブな理由をはらんでいることもあります。ポイントとなるのは、瑕疵やネガティブな理由は伝えるということです。

瑕疵やネガティブな理由は伝えるのは、売主にとってはあまり好ましくないことですがこれを伝えないと後でトラブルになることがあります。もちろん、伝え方は専門家に相談するのがベストですし伝え方によっても印象は異なってくるためです。

伝え方は専門家に相談する必要がありますが、隣人の騒音トラブルや町内会などの付き合いが嫌というケースは多いです。更に、住宅そのものに問題があってリフォームにかなりのお金がかかるため手放す家庭もあります。

経年劣化がひどく引っ越したくなったり、水害などの心配があるといった理由で売却を検討する売主がいるのも実情です。これらのネガティブな要素も、伝えておく必要があります。

住宅の売却をするときの理由について

住宅の売却を決める時の理由は、主に家族や親類などの生活環境の変化や仕事や通学などが関連するものがあります。

そのほか、周辺環境のトラブルや住宅そのものの問題などが関係する場合が多いです。ネガティブな要素ほど、伝え方は専門家に相談しながら買主に報告するのがポイントです。