【離婚で戸建てを売却】売却の最適なタイミングとは?離婚前・離婚後のポイントと注意点を解説

離婚をすると同じ住まいで生活をすることは基本的にはなくなりますから、戸建てを売却するケースが多いです。売却をするときの適切なタイミングについて把握をしておかないと、後からトラブルになることもありますから、事前に知識を得ておくのが大切になります。

注意点は財産分与のタイミングとローン完済になる

夫婦で生活をしているときに、戸建てを買うことも多いと考えられますが、離婚をすることになると戸建てを売却しないといけなくなる筈です。戸建てを離婚で売却するときは、離婚前なのか離婚後なのかで悩むかもしれませんが、各家庭によって違いがあります。

離婚で戸建てを売却するときの注意点は財産分与のタイミングとローン完済になり、離婚前に財産を分けると税金が発生します。離婚後に財産を分配したほうが控除を受けることができるので、税金面で得をすることができます。

戸建てを売却する場合は住宅ローンを完済できないと売却するのが難しいので、ローン完済も注意点に該当する筈です。

売却をするときの代金と自己資金などで住宅ローンを返済することができれば問題ありませんが、住宅ローンがたくさん残っていて尚且つ戸建ての価値が下がっているような場合は、上手く売却できない可能性もあります。

そのため離婚をするにしても夫婦で計画的に行動をしないと、双方が損をすることになるので注意が必要です。

離婚で戸建てを売却するなら買取がおススメの理由

離婚をするときに戸建てを売却するときの注意点は財産分与のタイミングとローン完済になりますが、実際に売却をするタイミングや方法も重要なポイントになってきます。

離婚前に売却をする場合は時間がかかるので、離婚をするまでにそのような時間を持てる家庭であれば、タイミングとしては離婚前でも問題ないです。

仮に離婚前で時間が用意できる場合でも早いほうが助かる筈ですから、早く売却できる買取がおススメの理由になります。

買取がおススメの理由は近所などに売却に出されていることを知られることがないので、周囲に離婚をしたことを知られるリスクを減らせる所もあります。

離婚後のタイミングで戸建てを売却する場合は、離婚後も連絡を取り合うことになりますから、そのような関係が維持できる場合は離婚後でも問題なく戸建てを売却できる筈です。

どちらにしてもある程度の話し合いは必要となりますから、お互いに損をしないように協力しないといけません。

離婚で戸建てを売却するのは少し難しい

離婚をすることで戸建てを売却をする場合は、住宅ローンや税金などについての知識を事前に得ておかないとトラブルになりやすいです。離婚前や離婚後でも戸建てを売却することはできますが、お互いに連携を取らないと上手くいかないと考えられます。