借地権付き戸建ては売却できる?売却方法と借地権付き建物のメリット・デメリット

一言で戸建て住宅といっても様々な種類のものがあり、専門用語も多く混乱してしまう人も多いかもしれません。このような中で借地権付き戸建ては売却することができるのかと心配になっている人も多いことでしょう。

借地権付き建物とは?の疑問のほかに、借地権建物の売却メリット・デメリット、また借地権建物の売却方法について頭に入れておきましょう。

そもそも借地権付き建物とは?その特徴を把握しよう

借地権付き戸建てでは売却できるのかと言うことを説明する前に、借地権付き建物とは?というところから始めなければなりません。

まず最初に借地権とは法律上建物の所有を目的にする地上権、もしくは土地の借地権のことを指しています。つまり賃料を地主に支払う代わりに土地を借りることができる権利です。借地権付き建物とは土地の借地権と建物を購入するタイプの不動産です。

当然のことながら底地権は地主が持つため、地主に地代を払いながら住むことになるでしょう。通常の不動産売却とは異なり所有権を全て買い取っているわけではないため、本来の6から8割程度の土地代の金額で購入可能です。

売主はなぜ安くしてまで借地権付き建物で売るのかと疑問に思う人も多いかもしれませんが、多くは節税目的です。相続税対策のためにできる限り所有する土地の権利を少なくしておきたいのが理由です。

借地権と言っても様々な種類もののものがあり種類により地主との契約内容も異なるため、まずはよく確認することが求められます。

借地権建物の売却メリット・デメリットを把握しよう

このような通常とは異なる建物を売却したいと考える人もいるかもしれませんが、まずは借地権建物の売却メリット・デメリットについて把握しておきましょう。

まず最初にメリットに挙げられることは、土地に対する税金がかからないことです。建物を利用する実質のコストを安くすることが可能です。土地を購入するとなると莫大な資金が必要となりますが価格帯が安価で住み、半永久的に借りることも可能です。

反対にデメリットに挙げられる事は、地代を毎月地主に納めなければならないことや、リフォームをしたいと思った場合には許可が必要であること、銀行の融資を受けられない可能性があることです。

このような借地権建物の売却方法についても把握しておきましょう。売却は十分に可能ですが、地主には承諾料を支払わなければなりません。

借地権建物の売却方法としては、借地権付き建物として売る方法、地主に建物を売る、底地権とセットで売却するの3つの種類が挙げられます。

借地権付き戸建は売却しにくい為不動産会社を頼ろう

このような借地権付き戸建ての売却は、通常とは条件が異なるため、売却しにくいのが実情です。このような場合にはやはり信頼できる不動産会社に相談して売却活動を進めていくことが求められます。