戸建ての売却方法は3種類!

戸建てにあこがれ、多額のローンを組んで購入した人も多いでしょう。しかし、高齢になるとライフプランも変わりマンションに引っ越したい人も多くなり売却の必要に迫られます。此処では、戸建て売却の方法をご紹介します。

戸建て売却の王道で人気の仲介について

戸建てを売却する方法には何があるのかと問われると、多くの人が仲介と答えるでしょう。仲介は不動産業者を見つけ、査定をしてもらい売却主の希望額とすり合わせて販売価格を決めます。

不動産会社のコネクションにネットワークを駆使し、地道にポスティング広告やネット広告にホームページで宣伝して飼い主を見つけます。売買契約が締結すれば不動産業者に中古い手数料を支払って、売買は完了します。

メリットとしては、希望する額や、高値で販売することが出来る事にあります。その反面デメリットもあるんです。仲介手数料がかかったり、買い手がなかなか見つからず数か月数年が経過してしまうことも珍しくありません。

こうした事態に陥らないためには、査定や市場相場、物件の資産価値を見極めてどういった方法で売却するのが賢明か、よく考えなければなりません。売るタイミングを逃さないためにも、買取保証を付帯させるのも有効です。

買取や自分で買主を探す戸建ての売却方法

なかなか仲介で買い手がつかない場合には、他の売却方法も検討する必要があります。買取という制度を考えてみたり、個人売買を試みることも良いでしょう。買取は、不動産会社が査定後に即時査定額で買い取ってくれるシステムです。

現金化がスピーディーで、離婚や財産分与ですぐに現金化しなければいけない人、転勤などで新たな物件を購入していて引っ越しにリミットがある人にも最適な売却方法です。さらに仲介手数料がかからず、契約不適合責任の免責もあり、訳あり物件にも売却にも最適です。

だが市場相場より安値で買い取られるデメリットもあります。また自分で買主を探す個人売買といった売却方法も存在します。知人や親せきなど身近な人が買ってくれるのであれば、個人売買で売っても良いでしょう。

しかしながら、不動産の知識や相場価格を良く把握しておく必要もあり、トラブルが多いのも事実です。やはり知識に乏しく、煩雑な手続きが苦手な人は不動産郷社を介した売却が賢明です。

戸建ての三種類の売却方法について

戸建て売却の方法には三つの種類があります。一つは仲介で買主を不動産会社が募って売ります。二つ目は買取で、不動産業者自ら買い取ってくれて現金化がスピーディーです。

三つめは個人売買で、自分で買主を探すのですが煩雑な手続きとトラブルに注意しなければいけません。