戸建ての売却は「買取」が向いている?買取のメリットとデメリット

戸建ての売却方法には、買取と仲介の2つが存在します。この2つで特殊な取引なのが、実は買取の方です。通常の仲介とは異なる形で取引を進めていくことになりますので、買取のメリット・デメリットを理解するところからまずは始めましょう。

不動産の買取と仲介にある取引価格の違い

一般的に、不動産取引を行うときには仲介業者を通します。不動産は、購入希望者と売却希望者がお互いに連絡を取り合うことが難しく、しかも大きな買い物になるため権利関係を含めてトラブルになるケースも目立ちます。

そこで、日本ではこれら2つの利害関係人を媒介する役として仲介業者というものが存在しています。一方で、買取とは不動産会社と直接的に取引を行う方法で仲介を利用せずに戸建てを売却できるものです。

直接的に不動産会社とやり取りを行うことになるため、余計なコストが必要にならない分だけ査定金額が通常より低くなるという傾向があります。つまり、買取に向いている人は早期に不動産の売却を希望する人であることがわかります。

素早くお金に還元できるというメリットはありますが、仲介を利用したときと比較して手に入るお金が小さくなる可能性があります。そのため、この買取のメリット・デメリットは必ず知っておくことが重要です。

2つの種類から買取を選択しよう

買取に向いている人は、時間的な余裕がない人であるためこの手法ではそういった状況を想定して即時買取という契約方法が用意されています。文字通り、売却希望者と不動産会社の価格交渉が決まるとその時点で契約を成立させることができるものです。

非常にスピーディに話を進めることができるため、数日程度で契約が成立することもあります。また、契約時に保証が欲しいと考えている人にも買取に向いている人であるといえます。

これは、買取保証という手法が存在するからです。これは、仲介と買取の2つの手法を取り入れたものです。一定期間は仲介業者を利用して、最終的に戸建てを売却することができなかったときに買取を行うというものです。

最終的な買取金額は小さくなりますが、不動産会社との交渉で最低限の買取はできるので利用する人は多いです。買取とは、このように買取のメリット・デメリットが必ずあるものなのでより良い選択をすることが求められます。

バランスを考えてより高く売れるようにすること

買取とは、契約スピードが速いものなのでそれを想定した安い相場になりがちです。ただ、通常の仲介で必要になる余計な経費が求められないのも事実なのでそのバランスを考慮しながら最善の選択することが大切です。