【マンション査定】評価の5つのポイントとは?

マンション査定の依頼を受けた不動産会社は、主として5つの点に注目して個別の物件を評価しています。その中でも代表的なのは築年数ですが、施工会社や管理状況にも注目しています。

無料訪問査定を活用すると、自宅マンションを売る場合のポイントも丁寧に教えてもらえます。

マンション査定の代表的な評価のポイントとは

シングル向けのマンションを探している人たちは、何よりも生活の利便性を重視しています。そのためにコンパクトサイズの物件の売却では、評価ポイントは生活至便に重点が置かれます。

ところが面積が広いファミリータイプのマンションでは、査定時の評価のポイントは多少変化します。確かに最大の評価ポイントは生活至便であることですが、眺望や景観・窓の向きでも査定額が大きく変わります。

事前に様々な不動産会社に査定を依頼すると、良い条件で自宅マンションを売ることも可能になります。しかし住まいを購入する人の多くが、築年数にも強いこだわりを持っています。

とりわけ頑丈な建物を選ぶ傾向も強い、新耐震基準のマンションのほうが同じエリアでも査定額がワンランクアップします。

更に10年に1回の割合で大規模修繕工事が行われている物件は、売りに出した場合でもすぐに買い手が見つかります。一方で築年数が古い物件では、リフォームを行って付加価値を高めることが肝心です。

評価が低い物件を高く売るテクニック

築30年を越える分譲マンションでは、老朽化が目立つだけではなくて居住者の高齢化も進んでいます。そのために眺望や景観・窓の向きが良い場合でも、売り手の希望する条件で買い手が見つからない場合も多いです。

しかし営業力がある不動産会社に売却を依頼すると、不利な条件を克服しながら高値で売ることも可能になります。特に古いマンションは駅前に立地していることも多く、評価ポイントは生活至便である強みを生かして買い手を探すこともできます。

また居住用に物件を探している人だけではなくて、投資用のマンションを探す人々にも注目する手法があります。不動産会社のサポートを受けながら投資物件サイトでも情報を発信すると、多少築年数が古くても高く売れるケースもよくあります。

様々な販売ルートを活用できる不動産会社に依頼するのが、持っている物件を満足できる条件で売る最善の方法です。最上階や角部屋の物件であれば、眺望や景観・窓の向きの魅力を前面に押し出して営業することも容易です。

マンションの評価と高値売却のテクニック

生活の利便性や建物の新しさなど、マンション売却では主として5つの観点から査定が行われます。しかしリフォームをしたり営業力のある会社を活用すると、多少評価が低いマンションもスピーディーに売ることができます。